あなたの大切な器材、お手入れは大丈夫ですか?
私たちダイバーが使用しているダイビング器材は年に1回、もしくは100ダイブごとにオーバーホールや定期的な点検を行い、常に100%の機能が発揮できる状態にしておくことが大切です。器材が常に良い状態に保たれていると、ストレスなく安全にダイビングを楽しむことができます。
大切な器材、メンテナンスをして末永く使っていきましょう!
オーバーホールとは?
オーバーホールとは、レギュレターセット、BCD、ドライスーツの故障や異常を未然に防ぎ、常に
100%の状態を保つために行なう定期点検のことです。

オーバーホールで行なうことは、器材を分解して洗浄し、組み立てて最後に各部を調整をします。その行程で劣化したパーツの交換やグリスアップ、設定、異常がなく正常に作動するかどうかを一つ一つ確認をします。 

ダイビングの器材は、海水、高圧下と特殊な環境で使用します。塩分や緑青が付着したり、パーツが磨耗、劣化したり、また使用しなくてもパーツが劣化することもあります。オーバーホールを怠ると、いざ使用するときになってフリーフローやエアーリークなどのトラブルの発生の原因になりますので、トラブルを未然に防ぎ安全で快適なダイビングをするためには定期的なオーバーホールは欠かせないのです。
こんな状態の器材は、オーバーホールが必要です!
1STステージのエアーフィルターに緑青が付いている。
ヨークスクリューのネジ山に塩分や緑青が付着している。
2NDステージが頻繁にフリーフローをする。
1STステージの本体やホースとの接合部からエアーリークをしている。
BCDインフレーターホース接続部のカプラが腐食している。塩分、緑青が付着している。
ホースにたわみや傷、ひび割れがある場合。
購入してから、または前回のオーバーホールから1年を経過している場合。
購入してから、または前回のオーバーホールから100ダイブ以上使用している。
オーバーホール料金
オーバーホール料金は器材の状態、機種によって異なりますが、基本工賃\800〜、納期は約1週間〜2週間です。仕上がりの日数に余裕をもってお出し下さい。
お急ぎの時は特急仕上げサービス(メーカーにより異なります)もございますので、ご希望の方はスタッフまでお問い合わせ下さい。
【基本料金(工賃)】
対象器材 基本工賃
レギュレータ- \9,000〜
オクトパス \3,500〜
AIRU、エアーソース等 \3,800〜
ゲージ \1,600〜
BCDパワーインフレーター \2,000〜
BCD・ドライ中圧ホースカプラ \800〜
ドライスーツバルブ \3,000〜
基本工賃は、メーカーによって異なりますので料金表は目安にして下さい。
器材を確認しながらお見積もりをさせて頂きます。
【交換パーツ】
交換パーツとは、Oリングや高圧シート、低圧シート、パッキン類などオーバーホール時に使用不可で交換されたパーツのことをいいます。
パーツ代はメーカーによって異なり、ワランティーカードをお持ち頂くと保証交換パーツなどを無償交換になる場合がございます。オーバーホールの際は、ワランティーカードを器材と一緒にお出し下さい。交換パーツ代の目安は\100〜\5,000くらいです。
【バッテリー交換】
ダイビングコンピューター、デジタルゲージのバッテリー交換も受付けております。
オーバーホール期間
オーバーホール期間は、2週間前後で仕上がります。
オーバーホールの日数は、余裕を持ってお出し下さい。
オーバーホールの出し方と注意点
器材をオーバーホールに出す場合、下記内容をお知らせください。
購入日または前回のオーバーホール日とその間のダイビング使用回数
使用している間に、フリーフローやエアーリーク、呼吸抵抗の重い軽いなど器材の不調があった場合
ダストキャップの締め忘れ、パージボタンを押してしまった、ぶつけた、落としたなどがあった場合
使用している器材の気になる点や調整希望などがある場合
ワランティーカード、保証カードをお持ちの場合は、器材と一緒にご提出下さい。
ワランティーカードがない場合は保証交換パーツが有償になる場合がございます。
オーバーホールのお申込み手順
Step.1
器材を店舗へお持ちいただくか、当店までお送り下さい。
※ワランティーカードはご持参、発送する場合には同送をお願い致します。

器材オーバーホール料金のお見積もりをさせて頂きます。

Step.2
オーバーホール行うため、器材を1〜2週間お預かり致します。
終了後、オーバーホール料金をご連絡致します。

Step.3
器材をお引取りの際、オーバーホール料金のお支払をお願い致します。
ご来店ができない場合には、ご指定の場所に器材をお送りさせて頂きます。

取り扱いメーカー
お手持ちの器材が、上記メーカー以外の場合は、お問い合わせ下さい。